×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スーパーラジコン 戦艦大和
スーパーラジコン戦艦大和の楽しみ方をご存知でしょうか。
スーパーラジコン戦艦大和の楽しみ方について詳しく紹介します。



戦艦大和
戦艦大和は、大日本帝国海軍が建造した大和型戦艦の一番艦。戦艦大和の艦名は、奈良県の旧国名である大和国にちなんで命名された。戦艦大和はしばしば大艦巨砲主義の象徴とされる。戦艦大和は太平洋戦争(大東亜戦争)開戦直後に竣工・就役した。

その後、戦艦大和は連合艦隊旗艦任務を務め、これは司令部設備に改良が施された同型艦
武蔵が就役するまで継続された。戦艦大和の建造では、大和(計画名A140F5)は1937114日、広島県呉市の呉海軍工廠の造船ドック〔造船船渠〕で起工された(※第4ドック〔第4船渠〕は整備・補修・艤装用ドックで建造用ではなかった)。

その乾ドックは戦艦大和建造の為に拡張されて、長さが
314m、幅45m、深さ11mとなった。米国に本型を超越する戦艦を作らせぬ為に、戦艦大和は秘密裏に建造され、戦艦大和は当初は海軍の中でも一部に知らされているだけだったと言われている。戦艦大和の機密保持のため造船所を見下ろせる所には板塀が設けられ、ドックには艦の長さがわからないよう半分に屋根、周囲には干した和棕櫚(わじゅろ。干した物は主に「ほうき」に使われる。

ちなみに、戦艦大和のドックの近所「全ての」干した和棕櫚の葉が無くなり、大騒ぎになったという逸話が残っている)がかけられた。戦艦大和の建造に携わる者は厳しい身元調査が行われ、戦艦大和の造船所自体が厳しい機密保持のために管制下におかれた。
タミヤ 1/350 日本戦艦 大和





大和ミュージアム

呉市海事歴史科学館は、広島県呉市にある科学館。愛称は大和ミュージアムで、正式名称よりも愛称が広く定着している。

大和ミュージアムは明治時代以降の造船の街あるいは軍港・鎮守府としての呉の歴史や、基幹となった製鋼や造船などの科学技術を展示することを目的に、日露戦争・日本海海戦から
100年目、太平洋戦争終戦60年目にあたる2005423日に大和ミュージアムは開館した。大和ミュージアムの開館から385日目の200671日に来館200万人目を迎えた(217日現在で累計2699千人、平成18年度来館者数も間もなく110万人を迎えそうである)。

工業都市の面が強く,これといった観光資源の無かった呉を,大和ミュージアムは一躍観光地として押し上げた立役者である。
大和ミュージアムの方針としては実物など歴史的資料を提示するかたちで余計なイデオロギー的注釈は付けず、できるかぎりニュートラルな立場をとるよう努めている。判断は大和ミュージアムへの来館者個々に任せるという方針を採用している。

大和ミュージアムは
2008年春から、いままで呉市直営の施設管理や広報などの業務について指定管理者制度を導入する方針を固めた。なお、この大和ミュージアムに隣接する場所には、200745日より海上自衛隊呉史料館(てつのくじら館)が開設されている。海上自衛隊呉史料館では、退役した海上自衛隊の展示用潜水艦旧あきしおの実物などがメイン展示物となる。




戦艦大和 大和ミュージアムにて


スーパーラジコン 
スーパーラジコンの魅力
スーパーラジコン 
ランボルギーニ・ガヤルド
スーパーラジコン 
ヘリコプター
スーパーラジコン 
エアロアールシー
スーパーラジコン 
スーパーラジコンの楽しみ方
スーパーラジコン 
ホンダ・フィット
スーパーラジコン 
コンコルド
スーパーラジコン 
戦艦大和





Copyright(C) スーパーラジコン 戦艦大和 All rights reserved